読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sub4に挑む日々 in NY

30代のへなちょこランナーyamakoが、無謀にもsub4に挑戦する日々 in NY

引き続き実家生活満喫中♥です。

こんにちは。引き続き実家生活満喫中です。私が日本に戻ってからNYは大寒波でマイナス13度とか。雪こそ積もってないものの、ランナーには受難の季節がやってきたとはラン友達の談。はー、セーフでした(何が?)

静岡は日中10度位はありますが、こちらはこちらで寒いです。田舎の一軒家は寒いんです。。。NYのうちはセントラルヒーティングで快適にコントロールされていますからね。札幌の家の中が意外と快適なのと同じです。実家は居間だけが暖かいので人間も猫も皆集まって狭い6畳間がいっぱいです。そりゃ猫も明け方、寒さに耐えきれず布団に侵入してくるでしょう。

私の実家のある静岡県西部地方、遠州地方の冬は風がキツイことで有名で「遠州のからっ風」がびゅうびゅう吹いています。だから体感気温は10度もあるわけがない、もっと寒く感じます。子供のころ、冬の体育がほんとに嫌でした。縄跳びは冷えて乾燥している肌に当たると異常に痛いし、マラソンもそのころは大嫌いでしたね。

というわけで、今日もジョグに行く前には、炬燵で相当ぐずぐずしていました。マイナス15度までは走れますと以前のブログで豪語してしまったため出走しましたが。

-15℃までは走れます。 - sub4に挑む日々 in NY

今日もジョグ程度にとどめて、6㎞をAVE5:56/kmで。まだ体のキレが思わしくありません。ランチに母とモスバーガーに行き、とびきりハンバーグサンドなどを食べたからなのか。(ハンバーガーの国から帰ってきましたが、モスは食べたいのです)日曜は一応6:00/kmで走る予定なのですが、たったの6kmで「もうなんかいいや」という感じになり本番に向かって不安が募ります。。。昨日いい話を紹介したばかりで恐縮ですが、本日E氏からメールが届き「どんくらいで走るつもり?キロ6?ラッキー!!yamakoさんについてこ。」ですって。Eさん、貴方、一応私のランニングの師匠なんだから、弟子にペーサー役を期待しないでいただきたいです。。。

さて、実家に戻って以来毎日、母の作ってくれるおいしいものを食べていますが、今日はチャーシューをオーブンで焼いてくれました。しかも肩ロースを1週間特製ダレに付け込んでおいたもの!お母さま!!

f:id:yamako26:20150108210633j:plain

そのチャーシューをサラダ菜に白髪ねぎと一緒にくるんで食べ、ビールをごきゅごきゅ飲みました。ビールはアサヒスーパードライのドライプレミアム。いつの間にアサヒはこんなプレミアムラインを発売していたのか、まったく知りませんでした。いったいレース前の禁酒はどこへ。。。

それでは。