読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sub4に挑む日々 in NY

30代のへなちょこランナーyamakoが、無謀にもsub4に挑戦する日々 in NY

皆さんに乾杯!私の大好きなアメリカのビールたち

今日は。

この週末は、京都マラソン、青梅マラソン、熊本マラソン等々大きな大会があって、友人やブログで知る方々も出走されていました。あとうちの兄も。皆さん、お疲れ様でした。ベストを尽くされたようで何よりです。記録を出された方、目標達成の方、おめでとうございます!

あ、やっぱりメールが来ましたよ。京都マラソンを自己ベスト5分更新で3:31ですって。土日しか走ってないくせに、ビール腹のくせに相変わらず速い。やっぱり昔取った杵柄でしょうか。(兄は陸上部&山岳部出身)ハーフまでは1:40だったらしく、あと少しでサブ3.5を逃したことを強烈に悔やんでいました。ま、3月の頭に静岡マラソンも走るし、そこで是非リベンジしてください、がんばれ、兄!!

そうなると気にかかるのは自分のレース。これから3月15日にNYC Half、4月26日のNew Jersey Marathonを予定しています。あとは2本の間にもう1本、Greenwich Halfを4月12日に走ろうかなと。

皆さんの高記録を前に正直焦りますw ホントはこのまま氷点下のCentral Parkにでも飛び出して行きたい気分ですが、今日のNYは、HIGH WIND WARNINGが出されて、各種レースもキャンセルになっているため、私も自重することにします。「ああ、残念!」(本心です)

ランネタではないのですが、金曜に行ったBrooklyn Beer Bar「TORST」がよかったのでビールの話でも。

f:id:yamako26:20150216021136j:plain

 

f:id:yamako26:20150216021209j:plain

※TORST@Brooklyn お店の名前はベルギー語で“渇き”の意味。北欧系のドラフトビールが約20種類用意されていて、写真のずらりと並んだサーバーからおしゃれなワイングラスに注いでもらえます。シェフがコペンハーゲンにいたらしいので、内装が木目の北欧スタイルで素敵です。寒くても激混みでした。

私はお酒が大好き。ビールはもともと好きでしたが、アメリカにやってきてからその種類の豊富さに目覚め、さらに好きになりました。日本でも最近Craft Beerが人気があるそうですね、アメリカではそのブームがしばらく前に来ていて、そして定着したというところでしょうか。スーパーマーケットにはlocalのものから国内外の商品がずらりと陳列されていますし、NYC内にも大小たくさんのBrewery(ビール工場)があり、それぞれが個性的なラインナップを持っています。渡米した頃はどれを買ったら良いかわからず、困惑したものです。

今日はベタなところから3つをご紹介してみようと思います。

◆The Brooklyn Brewery @Brooklyn,NY

言わずと知れたNYの地ビールといえばこちら。日本でもちらほら見かけますね。アサヒ、キリン、サッポロに馴染んだ日本人にアメリカの地ビールは個性的過ぎるきらいがありますが、こちらのLagerは変なクセがなく誰にでも好まれる味だと思います。金土日の週末はBrewery横のBarで出来たてビールがいただけます(5ドル也)。チップがいらない、デリバリーを勝手に頼んでよい(チラシが置いてあるw)など開かれており、地元の若者のたまり場になっています。会話が出来ないほど騒がしいのと最近、観光のスポットになってしまい混雑するのが残念。金曜の夕方にさくっと行くくらいですが、BROOKLYN LAGERを飲んでいるとき「NYにきてよかったなー」と確実に思う、大好きなビール。

f:id:yamako26:20150216035042j:plain

◆Coney Island Brewing @Brooklyn,NY

コニーアイランドはブルックリンの南に位置するビーチで、毎年ホットドックの早食い全米選手権が行われています。数年前までは日本人の小林選手がチャンピオンになっていたのでニュースで見たかたは多いかもしれませんね。5月に行われるBrooklyn Halfのゴール地です。エキスポでConey Island Brewingがブースを出店しており(有料)、そちらで知りました。ビーチ、海のイメージだからか商品名が「MERMAID PILSNER」というような感じ。

f:id:yamako26:20150226134650j:plain

大会前々日にもかかわらずラン仲間とエキスポのPre Partyで楽しく乾杯した思い出があります。小さいBreweryなので出荷が少なく余り流通していないため、地元のバーかレストランで発見するとすかさずオーダーします。ただ、NYRRとこちらの会社に物申したいのは「ゴール後に、生ビール買えるようにしてください」ってことです。去年はゴール後の収容場所になった球場でハイネケンの缶ビールしか手に入らずに大変悲しかった。

f:id:yamako26:20150216034609j:plain

f:id:yamako26:20150216031345j:plain

 

f:id:yamako26:20150216031422j:plain

 

f:id:yamako26:20150216031446j:plain

※レース中、たくさんのこういう看板を見てがんばったのに、まさかのハイネケン。。。

◆Samuel Adams @ Boston

 政治家Samuel Adamsにちなんで名づけられた古参でありアメリカ最大の地ビール。毎週土曜日にツアーもあり、試飲が無料でできます。こちらを知ったのは、村上春樹さんが著作でボストンの生活に欠かせないものとしてSamuel AdamsのSummer Aleとダンキンドーナツをあげていたことから。

f:id:yamako26:20150216034650j:plain

まねして飲んでみると柑橘のフレーバーがうっすらし爽やかで飲みやすいビールでした。季節物の商品が充実しているアメリカのビールですが、Summer Aleは4月あたりから店頭に並び、BARではシーズナルビールとして楽しむことが出来ます。これを飲むとようやく長い冬が終わって、楽しい夏がもうすぐという実感が。もちろん、4月に行われるのボストンマラソンの公式ビールはSamuel Adams です。私の人生の夢はいつかボストンクオリファイを達成して、ボストンマラソンを走り、完走後にこのSamuel Adams で乾杯をすること。45歳以上50未満女子の基準である3:55:00辺りが現実的でしょうか。サブ4の後に、走力を維持しながら10年以上走り続けること。簡単ではありませんが、“夢”ですね。

走ることについて語るときに僕の語ること

走ることについて語るときに僕の語ること

 

 あー、なんだかビールが飲みたくなってきました。今夜は各大会を走られた皆さんに乾杯したいと思います!

それでは。