読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sub4に挑む日々 in NY

30代のへなちょこランナーyamakoが、無謀にもsub4に挑戦する日々 in NY

ガクブル…後5日でNYCハーフマラソン

こんにちは。

こちらは10日の晩です。NYCハーフまで後5日になりました。走り込みも心構えもまるで出来ていないので、ガクガク、ブルブル…正直怯えています。

ハーフのレース自体、ファンランを除けば、昨年9月のフィラデルフィアハーフ以来になります。えーと、、6ヶ月ぶりになるんでしょうか…かなり空きました。

その間、フルマラソン2本を走っているとはいっても、だいぶ久しぶりです。ふ、不安…

そんな私の心境など、NYRRは知ったことではないですから、先週辺りからrace imformationががんがん送られてきます。

bibも判明し、私はwave2のコーラル12で7:45スタートとのこと。

今年はスポンサーにunited airを迎え、ますます派手に、参加者も増えて、waveは3つに分かれています。wave1が7:30からですから、私は15分遅れての出発。

これ、申し込んだ時は割とイケイケな心境だったので、1:50で完走タイムを申告してしまっているんですよ…今の調子じゃ、虚偽の申告です、マジで。1:45位の申告でwave1になっているみたいなので、まわりが速そうです、あー、イヤだ。。。

 

さて、コースはこんな感じです。

f:id:yamako26:20150311101826j:plain

前半はセントラルパークを東側からほぼ1周。一瞬だけハーレムの公道に出させられる距離合わせが訳分かりませんが、公園西側のアップダウンをやり過ごしたら、ミッドタウンの街中に突入です。

7th aveをタイムズスクエアを目指して42stに突き当たるまでひたすら下る。ここまでが約10km、前半戦です。

なんといっても、NYCハーフ最大のウリは『タイムズスクエアを駆け抜ける』こと!

年末のカウントダウンの中継で有名ですし、普段はミュージカル目当てに観光客やイエローキャブで道は常にいっぱい。こちらをランナーだけのために封鎖して走る、かなり気分が高まります。

昨年を振り返って、前半はセントラルパークの坂をいかにスピードを落とさずに走るか、だと思います。あとはテンション上がって、アドレナリンの力で何とかなる(笑)たぶん。

そして後半。

f:id:yamako26:20150311101909j:plain

後半は42stから、ハドソンリバー沿いをひたすら南下します。フラットな一直線で、ワールドトレードセンターのタワーが徐々に大きく見えてくることを励みにひた走るだけです。

招待選手の発表もありました。しばらく前にスケッチャーズがスポンサーをするメブ選手の話を書きましたが、彼も出走するみたいですね。

ロンドン五輪4位、昨年のボストンマラソンの覇者。40すぎのベテランランナーです。

さらに毎年、日本からも上尾シティハーフマラソンの上位2名が招待されています。

2年前、当時東洋大の学生だった設楽悠太選手も走りました。今年の上尾シティの優勝は確か早稲田の選手だったはずですが、エントリーしているのでしょうか。辞退する場合は、下位の選手が繰り上がりで呼んでもらえるようですが。

 

f:id:yamako26:20150311090729j:plain

※スケッチャーズのポスターのモデル、メブ選手(右)

 ↓※メブ選手についてはこちらから。

シャカパン求めてマンハッタンをさ迷う…GORE RUNNING WEARをセールでゲット。 - sub4に挑む日々 in NY

走る前からメンタル負け犬の私は、お酒に逃げることに…いえ、違います(笑)

日曜日のことですが、ひさびさにシャカシャカのいらない陽気の中、走り、すっかり喉が渇いた帰り道、寄ったのがこちら。

ROCKAWAY BREWING!

f:id:yamako26:20150311090833j:plain

近所のbreweryです。徒歩1分。

2年前位に空いている古いガレージを改装して始まった新しいビール工場で、昨年までTAP ROOMすらありませんでした。持ち帰りと立ち飲み(笑)のみ。

f:id:yamako26:20150311090941j:plain

奥で作業してるイケメン(赤毛でロン毛、アニメのキャラみたい!)がオーナーの1人です。

久しぶりすぎて、さらに種類もかなり増えて、何を飲めばいいかわからなくなった私に気前良くテイストさせてくれました。素晴らしい。

で、すぐにアルコールがまわる〜走って水分が抜けぎみでしたから。お値段は1杯$5です。

f:id:yamako26:20150311091122j:plain

そして、その後ナンパされる。もといスカウトされたわたくし。

写真の男性は、工場の隣にあるLIC BOAT HOUSEのおじさんで、隣に座ってビールを飲んでいる東洋女に興味津々。

「今朝から君は何かスポーツしてきたの?ん?テニス?違う?おー、ランニングね!まだ寒いのによくやるねえ」みたいな。

ボートというか、彼らがやっているのはカヤックで、ちょうど目の前のイーストリバーで活動しているのです。

「マラソンやってるなら、体力あるな。いいじゃない、うちに遊びにおいでよ。今からボート見にこない?」

かなりこじつけで強引でした(笑)

時には30mile、50km近くも上陸から漕いでくるそうですが、5mile程度から体験できるとのこと。

今年はマラソンでいっぱい、別のことを始める余裕なんてないように思いますが、暖かくなったら一度位、カヤックするかもしれません。近所ですしね。

さ、レースまでカウントダウンが始まりました。そして私はいつから禁酒するんでしょうか。

 

それでは。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村