読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sub4に挑む日々 in NY

30代のへなちょこランナーyamakoが、無謀にもsub4に挑戦する日々 in NY

NYC HALF完走記 ③ I'm in!!

race Run

こんにちは。

ハーフのレースなのに、書き出すと意外にいろいろ思い出すものですね。長文を読んでいただいてありがとうございます。

それではNYC HALF完走記③をどうぞ。

◆6-9mile(約15km地点まで)

7th aveに入ると道幅がかなり広がり、柵越しの観客とかなりの距離がありました。が、E子さんのオーラにふらふらと引き寄せられる私。

普段はランニングスタイルですが、今日は私服でさらにオーラを放っていましたから、彼女の姿はすぐに発見できました。

「かなぽん!かなぽん!」

E子さんは年下の私を何故か“かなぽん”と呼び親しんでくれています。そんなあだ名、生まれて初めてだよ…

軽くハグする予定が、E子さんにぐわしっと、ホールドされる“かなぽん”こと私。

すでにレースの約半分を走ってきて、汗でぐちゃぐちゃなんですよ?

やめてー!だめー!その高そうなダウン、汚れちゃう‼︎

そう彼女、イタリアとかに住んでいたからなのか、やたらと情熱的なのです。

時間にして10秒はハグされていたでしょうか、前日ボストンクオリファイゲットのランナー、かつ美女のパワー注入で、勢いよくTimes Squareへ飛び出して行きます。

キラキラのネオンが近づいてくるにつれて高揚感も高まります。しかもここから緩やかな下り!

f:id:yamako26:20150319072626j:plain

※走りながら撮ったのでブレブレ。

そして粋なことに、対向車線では、NYRRのKids Raceが同時に開催されていて、ちびっこたちが私たちに向かって勢いよく駆けてきます。

f:id:yamako26:20150319074521j:plain

※お揃いのニット帽が可愛い!なんて贅沢な駆けっこ!

ちびっこたちのように、Times Squareの中心に到達し、私も心は軽やか、すでに踊っています。(身は重たい)

周りもさすがはアメリカ人、両手を突き上げ歓声をあげながら、Times Squareを駆け抜けていきます。

私の前をゆくお姉さんなどはもうノリノリ。踊ってるんだか、走ってるんだか、スキップしてるんだか、全てが混ざったようなハイテンションな動き!

警備にあたっているポリスにも、自ら近寄り「yeah〜!」と強引にハイタッチ。

私もだいぶテンションが上がってきたので、便乗してポリスとハイタッチ!普段なら絶対やりませんよ(笑)

次々に近寄ってくるノリノリなランナーたちにポリスも苦笑いでしたが、最後の方は彼らも「yeah〜!」とか叫び出していました(笑)ああ、楽しい!

f:id:yamako26:20150319081526j:plain

流れていく高層ビルと巨大なビジョン、煌びやかなネオン広告。

I'm in ! 私、NYCを走っている!

強烈なこの高揚感。いつもはクールすぎるこの街と一体になる感覚。これはNYCMでも味わう気持ちです。

あー、やっぱりいいな。NYに暮らしていてよかった。私、この街が本当に好きだわ…

完走記①でも散々書いたように、今年は自信はないし不安だしで「NYC HALFはもういいかな…今年で最後にしよう」と正直思っていたのです。

でも前言撤回。来年もチャンスがあるなら走ります!

そして楽しい時はあっという間。本当に夢のような7th ave Times Squareは42stでおしまい、後半戦のHudson River Sideへとレースはステージを移します。

川沿いに出る前、後半戦に向けてパワージェルを1本補給しておきます。ここからは1本道、あとは飛ばすのみ。

川沿いは単調になりがち…かと思いきや、今年はドラム隊パフォーマンスの応援がありました。打楽器の音ってなんだか走りに力を与えてくれます!

f:id:yamako26:20150319082159j:plain

そして8mileでは、もう1人私を待っていてくれた人が!

このブログにもたびたび登場している私の尊敬するKさん!一生懸命カウベルを鳴らしてランナーに声を掛けていました。

E子さんと同様、Kさんも昨日にボストンクオリファイを成し遂げたばかり。前夜DCから戻ったばかりというのに応援に来てくれるなんて…。うう、ありがたいよ〜(涙)

Kさんを見つけた嬉しさで、

「ぼ、ボストンが、ボストン…お、おめでとうございます」としどろもどろな私に、Kさん何時もの如く、ゲキを入れてきます。

「さあ、走れー!ここからだよ!飛ばせ!いけー!yamako!」

Kさんのゲキを背に一路、ウォールストリートを目指します。はるか彼方、前方にはワールドトレードセンタービル!さあ、そこまで行くよ!

記録:15km/9.3mile 1:23:39, pace:8:53/mile

※おお!Times Square効果かペースアップ!

◆9-13mile

快調にフラットな道を飛ばして行きます。Kさんに会ったあたり、レース中最高に調子がよくて、スピードが出ていたように記憶しています。(実際、後でGARMINを見てもそうでした)

それからしばらくして、膝に違和感を感じ始めました。外側にびりっと。

あー、やっぱりきた…

それでもここ最近の最高速度で、かつ最長距離を走れてきたのですから良い方に予想外でした。

ここまで走れたのはjoanの腕が素晴らしいのと、この楽しいレースのおかげでしょう。あ、テーピングも効いたのかな。

あと5km程度「なんとかもつ、大丈夫」と自分に言い聞かせて、気持ちを落ち着かせます。

レース中、慌てても良いことはなにもありません。

ペースを5:30/kmでキープ、最後までキープする!

意識して、痛みが出てきた右足を前に前に動かし続けます。

他に痛いとこもないし、呼吸もまだ平気。脚もまだまだ残ってる…ダメなのは膝だけ。4月のNJ前にどれだけ回復出来るかだよね…

考え事が出来る余裕すらありました(膝以外)

しかし、知らず知らずに少しずつペースが落ちたのか、私のすぐ後ろcorral13から15秒〜30秒遅れでスタートした1:55のペーサーに残り3mile付近で追いつかれたのです。

いや、私が落ちたのではなく、ペーサーが後半から急にあげたのでしょう。こちらのペーサーはかなりいい加減な人が多いのです。前半ふらふらして、後半に「やばい、間に合わない」となるとがーっと飛ばす(笑)

ただ、この人に最後までついて行けば、私もハーフのPR1:56:04は切れるはず。ここはついて行かねば。

痛みのある右脚を強引に持ち上げるようにして走ります。

たったか、たったか、このペーサーはリズムよく走るわ〜

2mileほど食らいついたものの、これ以上の無茶は膝が危ないと判断して先に行かせます。

もう後は時計は見ない、そして無心でただ脚を前に出し続けます。

最後1mile、NYC HALFの終盤でいやらしいことに、800m程度のトンネルがあります。最後の最後に暗闇…

トンネルを抜けると、右手にBrooklyn Brideが見えた!400m、200m…最後のカーブを曲がり、ゴールが見えた辺りで、ついに痺れが右脚に走ります。

でも、もうおしまいだから。。。

声援と歓喜の声が入り混じるゴールゲートをくぐって、FINISH !

必死でラストスパートをして倒れこむようにゴールした昨年とは対照的にただただ安堵のゴールでした。

終わった…よかった、走りきれたじゃない、私。

f:id:yamako26:20150319102608j:plain

 

f:id:yamako26:20150319104256j:plain

※やり方が商業的すぎるとかいわれていますが、毎度毎度現場に下りてきて、ランナーを労う姿勢は素晴らしいと思う。NYRR CEOのMARY。

記録:20km/9.4mile 1:51:02, pace:8:51/m

         halfmarathon 1:57:04, pace:8:56/m

f:id:yamako26:20150319102649j:plain

f:id:yamako26:20150319102800j:plain

 なんやかんやで今年も楽しいレースでした!素晴らしかった!!

これでNYC HALFの完走記はおしまいです。長文にお付き合いいただきありがとうございました。

それでは。

☆おまけ

f:id:yamako26:20150319102900j:plain

f:id:yamako26:20150319102920j:plain

ゴールしてすぐのメディカルに駆け込み、氷をいただき、下の写真のマダムに優しく労わってもらいました。

yamako26.hatenablog.com

yamako26.hatenablog.com

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村