読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sub4に挑む日々 in NY

30代のへなちょこランナーyamakoが、無謀にもsub4に挑戦する日々 in NY

番外編ドイツビール記☆ええ、私はビールLOVER!

こんにちは。

ずっと旅行話が続いていて、すみません。

いちおう当ブログはマラソンブログです。(キリッ)そして時々ビールブログ(笑)

ドイツに行ったので、ふふふ、ちゃんと飲んできましたよ、ビール!

前回はマラソンの為に出かけたので、前半禁酒、後半はオクトーバーフェストに行くものの内臓のダメージであまり飲めず…。ちょっと心残りでした。

今回は今回で、寒さの為に言う程は飲まなかった(yamako的には)んですけども、それでもまあ飲んできたので、今日はそちらにフォーカスした内容になっております。

では。

☆1杯目Franziskaner(フランツィスカーナー)fromミュンヘン

f:id:yamako26:20151217225736j:plain

到着日に早速買い物をと、ベルリンの老舗デパートKaDeWeへ。

目的の食器等を買い物して、昼のランチにいただいたグラスです。

このデパート、上階から2階部分がバフェと食品売り場&イートインコーナーになっていて、食いしんぼうにはたまらない空間が広がっています。

先ずはソーセージとビールでしょ、とこちらのお店に。

f:id:yamako26:20151217225802j:plain

f:id:yamako26:20151217225820j:plain

フランツィスカーナーは修道僧のマークでおなじみのミュンヘンのビール。

いただいたのは看板商品であるヴァイスビールです。小麦麦芽が主原料の爽やかな喉越し。白ビールは私の大好物です。

こちらのメニューはドイツ語しか表示がなくてさっぱり分からず。カウンターで先に食べてる人のお皿を指して「同じものが食べたい」とオーダー。恥ずかしがっていては美味しいものにありつくことは出来ません。

写真のおばさまがテキパキと働く姿も感じよく、すぐ横で販売しているソーセージを焼いているので、まあこれは美味なわけですよ。

いきなり、

うふふ。ドイツ、サイコー!!

となった一杯&一皿でした。

他にもありとあらゆるジャンル(豚肉料理、オイスターバー、グルメハンバーガー、シャンパンバー、飲茶などなど)のコーナーでイートインが出来、見て回るだけでも楽しかったです。席もカウンター席なので気軽に入れてサクッと飲める。

平日の昼間なのに、勤め人風のお客さんもお買い物中の老婦人も当たり前にビールやワインを片手にランチをしていて、「ここは天国ですか」と思った次第です(笑)

他に生ハムやサラミをスライスもらって、ワインで一杯やるカウンターですとか、、、

f:id:yamako26:20151217225844j:plain

こちらは、じゃがいも料理の専門店。

f:id:yamako26:20151217230115j:plain

老舗デパートだけあって、クリスマスの飾りつけも華やか。サンタクロース(撮影要員)までも常駐しているという豪華さでした。

f:id:yamako26:20151218004830j:plain

☆2杯目PAULANER(パウラナー)fromミュンヘン

f:id:yamako26:20151217230155j:plain

ドレスデンに移動して飲んだ初めのビール。パウラナーのヘルスビール。ヘルスは日本のラガービールと同じです。

宿泊先ホテルに入っていたのが、こちらミュンヘンのパウラナー直営ビアホールで、オクトーバーフェストにも出店している6醸造所のひとつ。

ドレスデンのホテルでなんでミュンヘンビール…と思うも、空腹すぎで「まあいいか」と。

一緒にオーダーしたローストポーク。

f:id:yamako26:20151217230215j:plain

※見てる?刈りあげさん!豚も美味いよね!

余談ですが、yamakoは肉のなかでは豚が一番好きです。このローストポーク、火の入れた方が最高でした。

付け合わせのジャガイモのお団子は、クヌーデルというもちもちしたニョッキみたいな料理。

☆3杯目Augustiner(アウグスティーナ)fromミュンヘン

f:id:yamako26:20151217230247j:plain

またもやミュンヘンからアウグスティーナのヘルス。アウグスティーナはオクトーバーフェストで入ったテントで、フラウエン教会近くにこの看板を見つけた瞬間、速攻で入店(笑)だってあのときのビールが忘れられなかったんだもの。

当然、オクトーバーフェスト期間ではないためオクトーバーフェストビアはなく、代わりに看板ビールのヘルスをオーダー。

相変わらずの柔らかな口当たりで美味しい!…でもフェストで飲んだ神がかり的な美味しさとの再会とはならず…。やっぱりフェストマジックですかね。。。

f:id:yamako26:20151217230234j:plain

お腹が空いていたのでロールキャベツ。これはsavoyという種類のアメリカでも売っているキャベツで巻いてあって、うーん…普通のキャベツのがいいと思うな…。煮崩れしないんだけどさ。ソースとなかのバーグは美味しかったです。

f:id:yamako26:20151217230307j:plain

☆4杯目PAULANER(パウラナー)fromミュンヘン

f:id:yamako26:20151217230325j:plain

またもやホテルでパウラナーの、今度はピルスナー。淡い色合いが特徴のビールで日本人には1番親しみやすいビール。

寒さに凍えて、ホテルで入ったサウナ&ジャクジーの後、からからで飲んだために大変に美味しかった一杯。

パウラナーでは、ヘルス、ピルスナーと飲んだけど、こちらのブランドはヴァイスビールが美味しいんだよね…。私、知ってたのに…それにドイツビールはヴァイスビールが1番好きなのに何故。。。

美味しかったからよかったけど、結果、親父の湯上りビールみたいな展開になってしまった…。

食べたのはザウアーブラーテンでドイツの国民食の1つと言われている料理。肉の蒸し料理で、かかっているのはレーズンのソース。付け合わせのザワークラフトは赤キャベツにするのが一般的なんだとか。

f:id:yamako26:20151217230350j:plain

赤キャベツのザワークラフトは酸味と強めの甘みが効いていてなかなか好きでした。お肉は脂身のない部位で、さらにマリネして蒸してあるからさっぱりめかな。

☆5杯目Radeberger(ラーデベルガー)fromドレスデン

f:id:yamako26:20151217230411j:plain

ゼンパーオーパーでくぃっといった一杯(既出)。ここにきてはじめて、ドレスデンのビールを飲みました。ドレスデンにきてから、こちらの直営ビアレストランかビアホールはないものか、と探したけれどなく、意外にミュンヘン勢ばかりが幅を効かせていたのでようやく。

でもゼンパーオーパーのは流石にラーデベルガーでした。ピルスナービールで苦味も適度に。好みです。

f:id:yamako26:20151218020642j:plain

※ドレスデン中央駅にもラーデベルガー!!

☆6杯目Tucher(トゥーハー)fromニュルンベルク

f:id:yamako26:20151217230844j:plain

喉が渇いてお茶代わりにいただいた一杯。白ビールが飲みたい、と告げるとBarのお兄さんが、トゥーハーのヴァイスビールが美味しいからと勧めてくれました。

ニュルンベルク、ミュンヘンから1時間程のバイエルン地方第二の都市で、こちらが世界で1番有名なクリスマスマーケットの街。

うん、かなりのフルーティ具合で女性が好きな感じですね。

私には…うーむ、もっとこうさ、ビール!って感じな方が好きなわけよ(笑)

☆7杯目 不明…

f:id:yamako26:20151217230910j:plain

ああ、これがこの旅1番の好みの味だったのによく覚えておらず、撮った写真もロゴマークがピンボケ…。

たぶんヘルスビールだったような。。。どなたかご存知の方いらっしゃったら、こちらの酔っ払いまでご一報くださいませ。

☆8杯目Radeberger(ラーデベルガー)fromドレスデン

f:id:yamako26:20151217230925j:plain

ラスト、ベルリンのテーゲル空港で飲んだ一杯。そこのビールが偶然にもドレスデンのラーデベルガーとは!旅のフィナーレに相応しいっ。

ドイツでは朝ごはんにも生野菜が出ず、フルーツとヨーグルトで誤魔化し、昼夜はメインにポテトとザワークラフトみたいな食生活で、ついに恋しくなって頼んだ生野菜のサラダ。やたらめったらパプリカとオリーブが入っていて、どうして?冬場は葉物が高いのかね??

5泊6日(うち機内1泊)で8杯、しかも300mlのグラスって、ちょっと日和った感じですか。yamakoにしては、少ないですよね?

他にグリューヴァインとか普通のワインとかシャンパンとかも飲んでますので、まあ…。

こうして振り返るとやっぱりオクトーバーフェストのミュンヘンはビールの都なのですね。

私は黒ビールとかカラメルが強めのビールに興味がないので、重いのはヘルス(ラガー)どまり、ピルスナーやヴァイスビールが好みです。

ピルスナーは日本のビールだって十二分に美味しいので、やはりドイツ料理店にいったらヴァイスビールかしら。

そして、今NYで好んで飲んでいるアメリカ風のIPA(インディアペルエール)みたいなビールはドイツではポピュラーではないみたいですね。

同系統として、ホップ多め、度数高めということでオクトーバーフェストビールが挙げられるけれど、完全に別物です。

これだけドイツでビールを飲んでも、ニューヨークについたら、

あー、IPAが飲みたい。苦味が恋しい〜!

とアメリカンビアを欲してしまった私はこの3年半のニューヨーク暮らしですっかりアメリカ舌になってしまっていたのでした。

☆おまけのデザート☆

クロイツカムのアイアーシェッテ(ドレスデン風チーズケーキ)

f:id:yamako26:20151218020538j:plain

 

f:id:yamako26:20151218020557j:plain

クリスマスマーケット、メインのアルトマルクト横のショッピングモールに入っているクロイツカム。

私がミュンヘンでバームクーヘンを食べた店の本店はドレスデンです。

何故、ドレスデン発祥の店がミュンヘン…と思ったら、第二次大戦中にミュンヘンに逃れて、その後、世情が落ち着いてドレスデンに戻ったのだとか。

日本と同じ敗戦国であるドイツ、今回の旅ではことあるごとにそれを考えさせられました。

それでは。