読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sub4に挑む日々 in NY

30代のへなちょこランナーyamakoが、無謀にもsub4に挑戦する日々 in NY

手順付☆yamako、フラムクーヘン(タルトフランベ)にトライの巻。

こんにちは。

なんだかどんよりとはっきりしないお天気が続いています。走りになかなかいけません。。。

外出は億劫になりがちですが、その分、クリスマスやお正月に出すお料理の予習をして過ごしています。

たくさん人が来てくれるorご招待をうけるこのシーズン。せっかくだから、新メニューに挑戦です。

今日のブログは私の覚え書きでもあります。

昨日、トライしたのは、ドイツのクリスマスマーケットでも美味しくいただいた“フラムクーヘン”。フランス風にいうと“タルトフランベ”。

f:id:yamako26:20151224020150j:plain

こちら。

フランス、アルザス地方やドイツで食べられている白いピザですね。

私、適当クッキングが染み付いていますので、ベーキングの類は正直苦手…。ケーキやパンが膨らまないなんてことは日常茶飯事です。

ちょっとハードル高めですが、あの美味しさを再現すべく、挑戦です。

まずは生地の準備から。

粉250gに水が150ml〜125ml位です。粉はアメリカでオールパーパスとの表示で売っている中力粉を使いました。粉は良いものを使えば、それはまた美味しくなるんでしょうが、私は「気が向いたらすぐ作れる」を旨としてますので、スーパーで1kg、2ドル程度で売っているチープなものでやっています。これは餃子も同じ。

後は小さじ1ずつの塩と砂糖。オリーブオイルを適当にまわしかける。

ボールの左、イースト7gをひとつまみの砂糖とぬるま湯大さじ2で溶いたものも加えます。

f:id:yamako26:20151224004232j:plain

ボールでひとまとめになったら、打ち粉をした台に移してと。あ、水は半分位を先ずは入れて様子をみながら加えた方がよいと思います。

f:id:yamako26:20151224004257j:plain

台の上でひたすら捏ねること5分。ここまではホームベーカリーの生地コースでも出来ちゃいますが、私はホームベーカリーを出す方が面倒で、力強くテゴねております。力あるし(笑)

クリスマスマーケットでみた職人さんたちはおっきな手でリズミカルに捏ねていたんだよね。それだけで食欲を刺激された。

f:id:yamako26:20151224004330j:plain

だんだん表面がツルッとしてきたら、ラップして暖かい場所へ。一次発酵は30分位かな。

f:id:yamako26:20151224004345j:plain

お、倍位に成長しました!

冬場は室温だとなかなか発酵しないので、私はオーブンを軽くあっためて、火を落とした中へ入れちゃっています。

f:id:yamako26:20151224011943j:plain

今度は3等分して、また発酵のため生地を再度30分位休ませます。

こちらが二次発酵後の生地たち。

ふっくら可愛いの〜、三兄弟は(笑)

f:id:yamako26:20151224004406j:plain

この生地を打ち粉をした台で適当な厚さ大きさに伸ばして、いよいよソースと具材を載せていきます。

f:id:yamako26:20151224012936j:plain

本来はCream Fraicheいう発酵クリームを使うんですけど、サワークリームで代用可です。昨日スーパーに買い物しにいったら、前者4ドルちょい、後者2ドルちょいで迷うことなくサワークリームを買いました(笑)

そちらに適当に塩と胡椒、ナツメグを加えて混ぜたものを生地に塗ります。

そして具材はシンプルでベーコンとスライス玉ねぎのみ。2枚目からはこれらにプラスしてグリュイエールチーズをオン!どちらも美味しいですよ。

f:id:yamako26:20151224013353j:plain

私は玉ねぎたくさんが好きなので、1枚につき、中玉半こくらいをのせちゃっていますね。更にここでも黒胡椒をガリガリッとね。

270度位に温めたオーブンで一気に焼きます。本場では薪窯の高温で焼くので、あっという間、2、3分で出来上がりです。家庭用オーブンでは7、8分かなぁ。。。

f:id:yamako26:20151224020210j:plain

※クリスマスマーケットで見た薪窯。テント外まで熱波が伝わってきていました。

焼き上がりです♥︎

f:id:yamako26:20151224013840j:plain

クリスピーな生地にシンプルに玉ねぎの甘み、ベーコンの脂♥︎ 素晴らしい〜!

おまけにデザートタルトも。

f:id:yamako26:20151224014009j:plain

塩などを入れないでとって置いたサワークリームにスライスしたりんご。シナモン(かけ過ぎたw)とシュガーをふってオーブンへ。

あれば何か洋酒、同じりんごだからカルバドスとか合うんでしょうけど、ビール党のyamako宅にそんな高級酒はありませんから、今回はなしで。

焼き上がりです♥︎

f:id:yamako26:20151224014321j:plain

こちらも爽やかな美味しさ!パイ生地よりさっぱりしていて食べやすいです。蜂蜜を上からたらーりしても絶品でした。

ふふふ、フラムクーヘン、マスターしましたよ。粉を追求したり、発酵や捏ねる過程をちゃんとやれば、もっと美味しくなるはずなんでしょうけど、焼きたてをすぐ食べれば、問題なく美味ですね。

これはおもてなしのアペタイザーに良い感じ、さっそくクリスマスに作ろうかな〜。

それでは。

おまけ☆

我が家のトナカイトナオ。友人がお帰りになった後、この姿に。。。

f:id:yamako26:20151224015956j:plain