読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sub4に挑む日々 in NY

30代のへなちょこランナーyamakoが、無謀にもsub4に挑戦する日々 in NY

completed 5 bridges☆yamako、橋練の土曜日の巻。

こんにちは。

昨日はいぶすき菜の花マラソンでしたね。走られた皆さん、お疲れさまでした。いかがでしたでしょうか。

優勝は今年もゲストランナーの川内優輝選手でしたね!今年は2時間15分14分でゴールし、昨年のリベンジをきっちり果たしました。(昨年は捻挫により2時間25分。それでも優勝)なんと大会新記録だそうです。

さて、LAマラソンまで1ヶ月ちょっと。ガンチコ走りはしないものの、今週末はしっかり距離を稼いでおかねばなりません。

というわけで、この土曜日は橋練で決まり!

橋練といっても、ただ橋を行ったり来たりするだけではありません。

マンハッタンの東側を流れるEast Riverに掛かる5つの橋を次々にジグザグ渡るというこの企画。

昨年の正月にも一度走っていますね。その時にはいぶすき菜の花マラソンを1週間後に控えていましたから、私は半分しか走りませんでしたが。

さて8:20、Queensboro bridgeのマンハッタン側から出発です。

☆1本目 Queensbore Bridge(2270m)

f:id:yamako26:20160110054403j:plain

言わずとしれた、マンハッタンとクィーンズを結ぶクィーンズボロ。NYCM最大の難所!と私がいつも騒いでいるので、覚えてしまわれた方もいらっしゃるでしょう(笑)

クィーンズボロを渡った後は、マラソンコース沿いに次の橋を目指します。

☆2本目 Pulaski Bridge(860m)

我が家のあるLICを走り抜けて、Queensの端までやってきました。BrooklynへはPulaski bridgeを渡って入ります。

f:id:yamako26:20160110082223j:plain

この橋もNYCMで走っています。

実は開閉式のPulaski Bridge。大型の貨物船が橋を通る際には橋が開くのです。Bridgeオタクの夫に聞きました(笑)

そしてBrooklynに入ります。

East River Sideから1本入った道をトコトコ走って行きます。

f:id:yamako26:20160110082603j:plain

f:id:yamako26:20160110082625j:plain

元は倉庫街だったエリアですが、今は倉庫をおしゃれに改装したカフェやレストランが出店し、日本のガイドブックで紹介されるほど注目されています。

倉庫のレンガ壁にはアートが色々と描かれていて見応えがありますね。

ほかにはこんなアートも。

f:id:yamako26:20160111025223j:plain

自動車整備工場の壁にカラフルな車のドア。可愛い!

1番左のグリーンのドアはマンハッタン以外の地区を走るキャブのもの。

NYCのタクシーといえば、イエローキャブですが、Queensや他の区所属のものはこのグリーンカラーなんですよ。

さ、着きました。次に渡るのはWillamsburgBridge!

☆3本目 Willamsburg Bridge(2227m)

f:id:yamako26:20160111025908j:plain

bedford aveに橋に入る入り口があります。

f:id:yamako26:20160111025958j:plain

f:id:yamako26:20160111033558j:plain

この橋のすごいところは、車と列車の両方が通っているところ!(これはNYCでは、次に渡ったManhattan Bridgeと2本だけ)

そして歩行者と自転車が通行する専用道もあります。

完成当時は、あのBrooklyn Brideを抜いて世界1長い吊り橋だった巨大な橋です。

私は今回渡った5本のうちで1番走りやすい橋だと思いました。

f:id:yamako26:20160111034658j:plain

皆、考えることは一緒で、Brooklynのかっこいいランナーたちが沢山練習していました。

こちらは自転車と歩行者のルートが分かれているので、安心して走れます。

f:id:yamako26:20160111035027j:plain

ブルックリンからマンハッタン側に渡った橋のたもと。

渡った辺りはもうマンハッタンのダウンダウンで、直ぐにチャイナタウンです。

f:id:yamako26:20160111035216j:plain

目に入る看板がアルファベットから漢字に変わります。そして雑然とした雰囲気。

同じNYC、マンハッタン島のなかでもエリアによって全く暮らす人々、町の雰囲気、空気感が違う。それはマンハッタン、NYCの魅力のひとつ。

チャイナタウンからまたブルックリンに向かってかかる橋が、次に渡るManhattan Bridgeです。

☆4本目 Manhattan Bridge(2089m)

f:id:yamako26:20160111035735j:plain

こちらはマンハッタン側からの渡り始めが暗いし、狭いし、汚ない…。さすがアメリカじゃなくて中国、アジアですw

橋の上にいても、熱気を帯びた町街から立ち上がる食べ物、中華料理の匂いがします。

f:id:yamako26:20160111040021j:plain

そして橋練の楽しみは何といっても橋から臨む眺め。

f:id:yamako26:20160111040123j:plain

金網がちょっと邪魔ですが、奥に先ほど渡ったWillamsbarge Bridgeが見えています。おー、結構走ってきたね!

さて、渡った先はBrooklynの中心地に繋がっていますが、私たちは最後の橋、Brooklyn Bridgeへ向かわなくては。橋周辺はダンボというオシャレエリアですが、そちらを突っ切って行きます。

☆5本目 Brooklyn Bridge(1825.4m)

f:id:yamako26:20160111040552j:plain

こちらも2層式橋ですが、下層に車が通行し、上層は歩行者、自転車の専用道ですから見晴らしが抜群。

また、ウォークボードの上をゆくのはなんとも趣があります。

f:id:yamako26:20160111041003j:plain

右手に先程渡ったManhattan Bridge。

f:id:yamako26:20160111041053j:plain

左前方にはマンハッタンの高層ビル群。

f:id:yamako26:20160111041139j:plain

f:id:yamako26:20160111041227j:plain

こちら5本目でだいたい10:20頃。冬場ですから人出はちらほらあるものの、走って渡ることが出来ました。夏場は観光客が溢れて、とてもとても走ることは出来ません。

走りたいなら早朝ですね。

5本の橋を渡り、10:25に無事completed!

こちらで約20km弱の距離でした。しかし、距離以上に橋のアップダウンは脚にきますね。とてもいい練習になりました。

5つの橋はどれも個性があり面白いですし、ブルックリンのリバーサイドも雰囲気があるエリアなので、走れる人ならば、素晴らしい旅ランコースです、おすすめ。

疲れたらカフェでブランチしてもいいですしね。

仲間は予定があるというので、橋を渡ったCity Hallの前で解散して、1人またミッドタウンを目指して、マンハッタンを北上し、更に8km程を走りました。

橋練、なかなか楽しくてやみつきになりそうです!しかも絶対脚に効く!(これが1番大事)

それでは。

☆おまけ★いぶすき菜の花マラソン公式テーマソング『菜の花の街に』

~♪菜の花咲くあーの街に今年もいこう~♪ 懐かしー思い出抱いて~あなたにあーいに~♪

www.youtube.com

今年は走れないので、YOUTUBEで鬼リピして、一人カラオケ大会しておきましたw

地方マラソン大会公式ソングを超えたこの歌、私のマラソン人生のテーマソングです、マジで。