読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sub4に挑む日々 in NY

30代のへなちょこランナーyamakoが、無謀にもsub4に挑戦する日々 in NY

日本みやげたち☆yamako、行商人の如く運ぶの巻。

こんにちは。

今朝は薄っすらと雪が積っていました。日本ではサクラが咲いたというのにまだ寒いですね。

日本でご一緒したラン友(昨年4月に一時帰国されている)いわく、ニューヨークの極寒を経験していると、東京では幾ら寒くなっても全く平気で走れるとのこと。

確かに。

皇居を走っていて思ったのですが、皆さん、なかなか厚着ですね。10度強あるにもかかわらず、ウィンドブレーカーを着ているランナーを多数目撃しましたもの。

これ位の気温ならば、長袖Tシャツにタイツもいらないくらい、というのが私の感覚です。

ラン友(エグゼクティブダンディ、50代)も今まで見たことがない程、発汗しており、なんか暑がりになりましたか?という感じでした。

ダテにアメリカで寒稽古してるわけじゃないですからね〜。これが帰国後に生きるわけですか。。。

さて、日本から戻ってきたので、恒例?の持ち帰ったものたちをご紹介します。

今回は行きはビジネス、帰りはエコノミーという変なチケットの取り方をしたので、帰りは23kg×2個プラス機内持込みの範囲ギリギリまで荷造りしてきました。

JFKに降りたった私はさながら行商人のよう。。。

f:id:yamako26:20160322043310j:plain

ダンボールとスーツケース大は預け、赤のスーツケース小は機内持ち込みの分。

いつもながら大量の食品類。

f:id:yamako26:20160322043446j:plain

一応、一通りのものはニューヨークでも手に入りますが、いかんせん高い。重量が許す限りで持ち帰ります。

あとはこちらにない商品。丸鶏がらスープ、意外にも売っていません。本みりんもなかなか見かけず。(みりん風はある)

乾物類。

f:id:yamako26:20160322043816j:plain

遂に茅乃舎、買ってきてしまいましたよ、流行りにのって(笑)

昨年、遊びに来た友人ふたりに連続してお土産にいただいてしまったこの出汁パック。便利ですよね、これは一旦使い出すと中毒になると思います。

お酒類。

f:id:yamako26:20160322044153j:plain

地元静岡県掛川市土井酒造の『開運』大吟醸です。名前がいいですよね、開運!

開運 大吟醸720ml

開運 大吟醸720ml

 

そしてワンカップならぬ、『にゃんカップ』。こちらも静岡県の酒蔵で藤枝市の志太泉酒造が作っているお酒です。猫好きの友人へお土産に。

志太泉 にゃんかっぷ 純米吟醸 180ml 3個セット

志太泉 にゃんかっぷ 純米吟醸 180ml 3個セット

 

可愛いルックスだけでなく、中身も立派な純米大吟醸なんです。なんとも可愛い♡自分のも買っちゃいました。

ただのダジャレでニャンコのにゃんカップなわけではなく、猫は酒造所にとって害であるネズミをとることから、酒造所の守り神とされているんですって。

書籍類。

f:id:yamako26:20160322044831j:plain

本屋で気に入ったものが見つかれば、新しいレシピ本を買いたかったのですが、今回はイマイチ巡り合わず。

dancyuは相変わらずパンチのきいた、濃そうな、骨太なレシピラインナップですね。

毎日こんななのを食べていたら、デブの成人病まっしぐらですが、なんとも食欲を揺さぶります。

他はずっと買っている『きのう何食べた?』の新刊、ラン関係ではフランスの面白レース記を1冊。年末に在仏ランナーと知り合い、お話を聞いて羨ましかったので。

ボルドーワイン飲み放題のMédoc Marathonはなかなかメジャーになりましたが、シャンパーニュ地方にも私の愛するピノの生産地ボーヌ地方にもそれぞれ大会があるとのこと。

今年のシカゴマラソン、外れたなら、シャンパーニュマラソンかボーヌマラソンに行こうかと妄想は膨らむばかりです。

それからBoschはオランダの画家、ヒエロニムス・ボッシュのことで、今年生誕500年です。ロッテルダムのついでにこちらの記念展を訪ねようかと計画しているので、そちらの前知識として買ってみました。

お土産類。(贈答用)

f:id:yamako26:20160322050432j:plain

日本語クラスの生徒たちには『東京バナナ』を。以前、「日本で人気のおみやげは何ですか?」と尋ねられた時、とっさに「東京バナナ」と答えてしまった、私。

昔は東京バナナなんてベタなおみやげ…とバカにしていたんですけどね、今はなんとまあ良くできたお菓子だと思っています。

他に昔がらのwestのリーフパイ、京都雲月の小松昆布。雲月の昆布はクリームチーズを角切りにしたものと合わせるとワインのアテに最高です!

他にも日用品などを山ほど運んできたのでかなり重たかったです。

今度帰国するときは、恐らく本帰国になるのではと予想しています。ですから、だれか身内や親しい友人がやってこないかぎり、それまでこれらで食いつなぐというわけです。

さて、出汁や調味料類も潤ったところで、今夜からは料理をちょっと頑張らないと。。。

それでは。

yamako26.hatenablog.com