読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sub4に挑む日々 in NY

30代のへなちょこランナーyamakoが、無謀にもsub4に挑戦する日々 in NY

Rotterdam Marathon完走記①マジでサブ4目指します!だってそのためにやって来た!の巻。

こんにちは。

火曜の晩にニューヨークの自宅に戻っています。旅行中はそれほどでもなかったのですが、戻ってからの方が疲れがどっと出てきた感じですね。

さて、今日からロッテルダムマラソンの完走記を書いていきたいと思います。あんまり長くするつもりはなく、さっくりとね!

当日は6:00に起床。

スタートの市庁舎前まで地下鉄で3駅ほどのところに泊まっていましたので、朝ものんびりでよかったのですが、からだを充分に目覚めさせて、のんびり朝食を取るためにちゃんと早起きしました。

…にしても楽ですよね〜。6時ですら、のんびりだなって思っちゃう。

前夜はニューヨークから一緒に遠征のラン仲間K氏の友人(多国籍軍)とイタリアンでディナーでした。そのパーティーに私とNYからデュッセルドルフ(ドイツ)に転勤しているラン仲間E氏が混ぜてもらった格好です。

そう、そもそも、このロッテルダムマラソンに行くきっかけになったのはE氏からのお誘いだったのです。

タイム出ますよ、yamakoさん!とな。

デュッセルドルフからは電車で3時間ほどらしく、国内のベルリンマラソンに行くよりも近い。

他にもオランダ在住のラン友Kさんから、かねてより大会の素晴らしさを聞いていたこと、などもあるんですけどね。

朝食にお餅3つ、カステラ1切れ(万全をきしてNYから醤油や海苔まで持参w)、バナナ1本、カフェオレ1杯、アミノバイタル1本を平らげて、のんびり宿を出た頃には既に9:00をまわっていました。

…ホントにこんなのでいいのかしら、、、。

こちらがコースマップです。

f:id:yamako26:20160415104034j:plain

周回の街のど真ん中スタート、ゴールのコースなのです!

そして地下鉄降りてすぐがスタート/ゴール地点。

これ、この大会のひとつのウリなんでしょうね。遠征で宿を便利なところにとっているとはいっても、私の経験史上1番ラクでストレスなしの朝でした。

f:id:yamako26:20160415104347j:plain

身支度の最後に、夫の作ってくれた“ミッフィー”のお守りをシューズにつけます。オランダだからミッフィーちゃんなのよ。

f:id:yamako26:20160415104548j:plain

やってきた地下鉄に乗り込みます。この大会、2万人くらいが走るはずなんですけど…オランダ最大のマラソン大会なんですけど。

どう考えたって空いてる…皆、どうやってやってくるんだろうか。。

f:id:yamako26:20160415105014j:plain

車中にて。yamakoその人です。

テロ対策なのか荷物を預けられませんので、前日にそこらの店で9ユーロで買ったどうでもよいニットを着ております。これをスタートで捨ててくつもり。

地下鉄を降りるともうランナーとその応援がたくさん集まっていました。

でも、トイレなんかも比較的並ばないですぐに使えそうな感じ。NYと違うのが、男性の小用のトイレ(前だけ隠くしてする、真剣にそんなモン見たくない…)があったことですからね。

私は寒いとこで並ぶのは嫌だったので市庁舎の並びのマクドナルドでトイレを借りることにしました。

これが暖かいし、綺麗だし、正解でしたね。だってお金とるからさ〜。

f:id:yamako26:20160415105807j:plain

マックのトイレに並ぶランナーたち。

そう、50セント取られるんですよ。まさかのカード使用までオッケー(笑)なのですが、もうコインなんて持ってないランナーもいますからね。。。

そこはどうしたかといえば、前後のランナーが奢ってくれているんですよ。

あ、お金ないの?いいよ、いいよ、私払うから〜みたいな。

もう、この一体感ですよ!いいね!これから同じレースを走る仲間だものね!!

f:id:yamako26:20160415111025j:plain

マックの2階からスタート地点が見えます。既にエリートランナーたちがアップしてるっ。

さて、マックのトイレでちょっとほっこりして、いよいよスタートへ向かいます。

今回、私はWAVE3。市庁舎前のWAVE1から始まって、WAVE2を通り越して数百メートル先がWAVE3で、もうホフ広場辺りまできていました。

f:id:yamako26:20160415111533j:plain

それにしてもオランダ人は皆、大きい。女性も長身で前が見えない。。。今回もべルリン同様に1人ちびっこが紛れ込んだみたいになっていましたね。

朝は冷えたとはいえ、レース中は15度くらいまで上がる予報です。

…にもかかわらず、皆のウェアもあんまり露出が少なかったんですよ。Tシャツ姿が多くて、シングレット(ランニング)があまりいない。うーむ、これもお国柄でしょうかね。

ま、yamakoは張り切って、シングレット姿。露出しまくっておりましたが(笑)

さて、スタートの10:00が近づいて、お待ちかねのあの方が登場です!!

Lee Towersによる“You'll never walk alone”!!

私が勝手にオランダの布施明とお呼びしている、かの人のダンディーな歌声が響き渡り、当然、ランナーたちも口ずさむ。

f:id:yamako26:20160416051823j:plain

※こちらがオランダの布施さま、Lee Towersですっ。

rotterdam marathon 2016 lee towers - Bing video

これ、毎度恒例よ。私はこのシチュエーションに憧れて、youtubeで練習しまくりましたからねー。さらに一緒に走るKくんにも練習しろとばかりに、事前にリンクを送りつけてます(笑)

残念極まりないことに、WAVE3からでは、オランダの布施様のお姿は拝見できず。。。ショック!

しかし、その高らかな歌声と周りのランナーたちの合唱が一つになり、もう気持ちの高ぶりはピークに達しておりましたね。

そして、これがのちのちに感動のドラマを呼ぶんです。。。

さて、Lee Towersの歌が終わると、WAVE1がスタート!

おー、いよいよだっっ!!

…が、その後、WAVE3のスタートまでかなり待たされて、私たちがスタートを切ったのは10:20頃でした。

結論から言って、WAVE3なら10:00にやってきてもOKです、ロッテルダムマラソン。。。

さあ、いよいよ始まりのとき。

今回、私はマジにサブ4目指しますよ!そのためにオランダまでわざわざやってきたんだから!

スタートに本物のLee Towersがいて、あーっ、オランダの布施さまがっ!とかなり色めき立ち、しょっぱなから心を乱すというアクシデント(笑)もありましたが、ランナーの波にのって、yamako、今、スタートです。

まずは1km過ぎ、ロッテルダムのシンボル、エラスムス大橋を目指して!

f:id:yamako26:20160415113729j:plain

続きます。