読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sub4に挑む日々 in NY

30代のへなちょこランナーyamakoが、無謀にもsub4に挑戦する日々 in NY

ボストンマラソン観光応援記③Heart Break Hillで待ってるから!yamako、ボストンで応援すの巻。

こんにちは。

昨夜の高速バスでニューヨークに戻ってきています。

はー。渋滞にはまり、着いたのは11時をまわっていました。車中では爆睡していましたから別に気にならなかったんですけど。それに、バス安いしね。

この辺りで、

おいおい、ちょっと人様のボストンじゃなくて、自分のロッテルダムの話、続きを書こうよ…

というお叱りが聞こえてきそうですが、もう一回だけボストンの話を書きます。これは新鮮なうちに書き残しておきたいので。

そして、昨日は、また今後のランニング人生に影響を受ける1日になりました。。

ロッテルダム③、実はもう書いてあります(笑)

 

さて、友人をボストンコモンに送った後、ホテルへ一旦戻り、身支度を整えて、いざ出陣です。

今回の応援スポットについては、コースマップ、ボストン路線図、時刻表を取っ替え引っ換えで、超真剣に悩みました。皆の時速まで計算しちゃった。

同じくNYからいらしているお姉様が、スタート地点で皆を見送ってから、23mileで応援するから、一緒にどうですかと言ってくださったのですが、それだとどうにもwave1で2:30あたりでゴールする友人には間に合わず、断念。。。

スタート、見たかったなぁー。

それも、ボストンマラソンはボストン郊外から街中に向かうコースですので、街から遠い上、その電車も本数がないのです。

2時間に1本って、ヒドイ。。。

そのうえ、どちらの駅からも走るの必須です。

私が地図を見ながら、

ここ、駅からコースまで1kmくらい?マジに走れば5分で着くな。。。

などとぶつぶつ言っているのを聞いて、夫はドン引きしてました。

はは、ランナーあるあるです。

結局、Green Lineの路面電車終点のボストンカレッジまで行って、そこから1mileほどは自分で走ることにしたのです。

ボストンコモンから路面電車に乗り込みます。

f:id:yamako26:20160420002615j:plain

この日はボストンマラソンだけではなく、ボストンレッドソックスの試合もあったため、駅も車内も大混雑。

幸いにして、私は座れましたが、老人でも乗ってこない限り、席は譲る気はありません。

これから、応援でエネルギー使うからね!温存ですよ、温存!下手したらフル走るより長い時間応援しますからね。

☆21mile Boston College

f:id:yamako26:20160420004405j:plain

 

f:id:yamako26:20160420005936j:plain

沿道には途切れない応援の人たち。

ユニコーンのおねえさんたち、可愛かった〜!!

さあ、私も20mile過ぎに陣取って、ランナーがくるのを待ちます。

f:id:yamako26:20160420010214j:plain

 

f:id:yamako26:20160420010236j:plain

女子のトップが来た〜!!

f:id:yamako26:20160420010351j:plain

 

f:id:yamako26:20160420010415j:plain

速っ。脚、細っ。長っ。

もう疾風の如く駆け抜けていってしまいました。

私の応援していたところ、これからボストン名物heart break hillが始まるとこですよ?!

丘を駆け上がる姿は野生動物みたいでしたよね。人間のスピードじゃない。。。

トップからかなり遅れて日本人ではトップに下門美香選手(しまむら)がきました。

後で彼女のSNSを見たら、ものすごーく華奢で小顔なのに、アフリカ勢の後にみたら、まだまだ女性らしい丸みがあるというか、お尻とか結構丸いな、って思ったんですよね。

反対にユニフォームはビキニだし、腹筋その他もろもろ、筋肉バキバキだったのが白人選手。完全に腹筋6つか8つに割れてました。

人種によりホント体型って違うな、と思った次第です。

そして男子のトップ選手。

f:id:yamako26:20160420011706j:plain

f:id:yamako26:20160420011634j:plain

右手、エチオピアのHAYLE選手が今年の優勝者です。

こちらも女子にもまして、

速っ。脚、細っ、長っ。

もう人間というより、びよよーんとバネの効いた別の生物のごとき脚でしたね。

そして、いよいよWAVE1のランナーがやってきます。

今回、私の友人知人はWAVE1〜3までに分かれていて、もうこれからノンストップで応援です。

実は2年前にもボストンマラソンの応援に来ていまして、その時は東京からの友人2名とニューヨークのお友達も1人だけしか知らなかったなぁ。

今回は20人以上の友人が走っていましたからね。

さて、ここからは昨日走った皆さんへ一言ずつメッセージ。

このブログのことは公言していない(むしろ隠してる)ので、大半の方は、見ないと思うんですけど。

※だいたい通過順で

Iくん、復活の走り。私のATSUSHI!の大絶叫に背中が苦笑いしてるかのように感じた余裕ぶり。怪我からの復活おめでとうございます。今大会のMVPでしょ。

Kさん、Dさん、ここまでで相当消耗してきているのが分かりました。汗と給水を被ってきたんでしょうね。びっしょり身体に張り付いたユニフォームの姿、忘れられません。トレランの雄である歴戦猛者の2人がこんなになるなんて、ボストンって半端ないと慄きました。Dさんはゾンビみたいだったと回想されてましたけど、厳しいコンディションのなか、丘を駆け上がってく姿、かっこいい男性の背中でした。

Oさん、決していけいけのレース展開じゃないとは思いましたけど、さすがのボストン出走8回目、走り方をよく分かってるんだろうな、という安定ぶりでした。さすが!

Nさん、2年前は貴方を坂の上で待っていたんでした。今日もキツそうだったけれど、わざわざ、私に駆け寄ってくださって、ありがとねー、とハグしてくださった男気と優しさ。素敵でした。2年前も昨日も。

シゲ子さん、貴女とはこれまで会った回数のうち、そのほとんどがコース上でですよね。ボストン、ベルリン、また昨日のボストン。数時間食事したり飲んだりするより、強烈な印象をいつもいただいています。小さな身体にエネルギーがぎっしりつまっているシゲ子さん。貴女のレースを見ていなければ、未だにサブ4出来ていないと思うんです。

ねこぱんちさん、これまた私の憧れの女性の1人。美しくて優しくて、そして強い。昨日は『キツイー、もう辞めたいよ〜』と仰っていたけど、それでもいつもに増してお綺麗でした。私は必死のあまり、いつもコンチクショーみたいな顔で走っているので、貴女のような女性になりたいです、無理だとしても。。。復活のボストン、おめでとうございます!

Yさん、日本からの弾丸かつ昨日のタフなコンディション、調子が悪くなるのも当然です。むしろあのタイムで纏めたのが流石です。そして、体調悪くてもいつもの素敵な少年のようなスマイルでした。初ボストン、おめでとうございます。

刈り上げさん、お疲れさまでした。私、ちょっとぼんやりしていて、そちらから見つけていただいて申し訳ありません。刈り上げさん、走ってる姿、セクシーでした。バンダナ、似合ってました。ブログつながりでまさかボストンのコース上で会うことになろうとは。またお会いしましょうね。

Kさん!私のdream woman!初ボストン、おめでとうございます。みんな、グロッキーになってくるなか、あなただけが溌剌としたオーラを放っていていました!私のボストンマラソンMIPは貴女で決まりです。私はぐんぐん速くなるKさんに憧れて、サブ4を目指していたんですけど、昨日の貴女を見て、また必死で練習してボストンに行きたいっ、と思ってしまったではないですかっ。

Eさん、痛みと負傷で思うように走れなかった時期を越えての完走、おめでとうございます!私は、はじめから、あなたは最後まで走り切ると分かってましたよ(笑)必死に私のところまで走ってきてくれてありがとう。周りで応援していた人たちにもその走り、伝わっていました。おめでとう、ゆっくり休んでくださいね。

大体の皆さんには、そちらから見つけていただいたこともあり、お会い出来て良かったです。数名、見つけられなかった方はごめんなさい、本当に残念でした。

私、2年前も同じHeart Break Hillで応援していたんですよね。違いは坂の始まりか終わりか。今回は始まりで見ていました。

前回も感動したんですけど、あれから2年、全く感動の大きさが違いました。

沢山の知り合いが出来て、皆のバックボーン(日頃どれほど頑張っているか)を知っていたこともあるでしょうし、

でもなによりね、私があれからランナーになった、というのが大きいでしょうか。

私も今では、30kmをギリギリ限界マネジメントして走ってきたときの体と心を体験していますから。

それから、皆、あの丘を登っていったんだ、と思ったら、もう、ね。。

どうしましょ。ロッテルダムでもうキツイのは嫌。引退だ。。。と思ったのにボストンマラソン、どうしても走りたくなってしまいましたよ。だいたい私は憧れから入るからなー。

さて、応援の後はまたボストンの街中に戻らねばなりませんでしたが、皆を見送った後、エネルギーが空っぽで、、、

f:id:yamako26:20160420022302j:plain

沿道にきていたピザベンダーでピザを一気喰い(笑)コーラで流し込む。ホント、血糖値と血圧、下がりまくりでヤバかった。。。

そして、その後、路面電車はじめ交通機関が麻痺して戻れなくなり、ゴール近くのホテルまで10km走って帰ったのでした。ランナー横目に見つつ(笑)

…これが私のボストンマラソン…。

 

皆さん、ホントにお疲れさまでした。Nice Race!!

それでは。