読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sub4に挑む日々 in NY

30代のへなちょこランナーyamakoが、無謀にもsub4に挑戦する日々 in NY

美味しいものたち☆yamako、パリで舌鼓の巻。

こんにちは。

昨夜、フランスからNYに帰ってきました。

今回は直前にチケットを取ったので、当然お高いエールフランスには乗れず、XL airwayというLCC。

もちろんお酒も有料でした…。ああっ。

その分、パリでは美味しいものを食べてやるっ!と当然意気込んでいたのです。

今回行ったレストランは9/1にオープンしたばかりのこちら。

☆L'ARCHESTE

archeste

f:id:yamako26:20160908235942j:plain

長年パリのHIRAMATSUで腕を振るっていた伊藤シェフのお店。

私のラン仲間でフランス駐在歴2度を誇る美食家ムッシュからの紹介です。

パリにも行く、と告げたところ、

それはそれは!パリにも行くべきレストランがありますぞ。

とな。

これは否応無しに期待が高まってしまうというもの。

フランスで美味しいものを食べたいと思ったら、語学力(特にフランス語が出来たら望ましい、フランス人は英語が下手と思うね…)重要なのだけれど、今回はパリ在住歴の長い友人と一緒なのです。

もはやyamako、大船に乗っております、どーんとな(笑)

いや、大事ですよ、リラックスはね。。。

まずはアミューズ。

f:id:yamako26:20160909000807j:plain

右手の紫インゲンをフリットにして、バスク産のアンチョビと一緒に。

これ、インゲンがホクホク♡♡

続いて前菜。

f:id:yamako26:20160909001001j:plain

トマトとビーツを使ったカプレーゼに上のムースはガスパチョです。

f:id:yamako26:20160909001101j:plain

おーいーしーいー♡♡♡

そしてこのグラスで頼んだ白がやたら美味で、ケチって安い方を頼んだことを後悔。。。

バターもノルマンディから取り寄せているそう。

このバター、ムッシュの御宅からお裾分けしていただいたことがあり、自作のヘナチョコ料理に使用した前科が。それでやたら美味しい鶏のグリルが出来たんですよ。。。

続いてフォアグアのリゾット。

f:id:yamako26:20160909001627j:plain

非の打ち所がないフォアグア♡

上には香ばしくしたトウモロコシのヒゲがトッピング。

この辺りから赤ワインをお願いして…。で、出てきたのがこちら。

f:id:yamako26:20160909002004j:plain

ボーヌの日本人ネゴシアン、仲田氏の“天地人”!

実はyamako、5年前にそちらを訪れたことがあり、仲田氏の人柄含めたファンなのです。

このことはソムリエは当然知りません。テンションもそりゃ上がりますよ。

更にコースは進んでお魚。

f:id:yamako26:20160909002423j:plain

ヒメジにバスク地方のベーコンを合わせて。ソースはセロリを使ったもの。

お魚にギリギリで火を入れているのがすごい技術。真似は絶対に不可能ですね。。。

最後にお肉はリードヴォー。子牛の胸腺ですね。

f:id:yamako26:20160909003318j:plain

柔らかくて美味でした。ソースには甲殻類も使っているといっていたかな、、、すばらしかったです。

はー、今思い出しても本当に美味しかった〜!もっかい食べたい(笑)

私達はお昼にお邪魔して5品のコースをいただきましたが、お肉なし4品の軽いコースもあります。

コースね、、、はっきり言って安い。安すぎると思います。ワインも然り。

来年、Médoc Marathonを走って、またお店にお邪魔しますね!

とシェフに伝えましたが、直ぐに人気出ちゃうんだろうな…この値段とクオリティだもの。

さて、お店を出て、ベタにパリ観光。

f:id:yamako26:20160909004037j:plain

ベストポジションからのエッフェル塔です。

お店から歩いて行けますから、食後の腹ごなしにもよいですね。

あとは他に何をしたいか聞いてくれたので、、、

ビールも飲みたい♡

(もはやWさん、失笑ですよ。でも決してバカにしたりしない素敵な酒飲みです)

とカフェでhappy hour beerを。

f:id:yamako26:20160909004749j:plain

フランスビールの代表格、クローネンブルグ社の“1664”。

1664年は同社がビールの醸造をスタートした年で名前はそちらにちなみます。

日本のビールとよく似たpilsnerで、この旅の間、私はこればかりを愛飲していました。

夜はWさんのお仲間のセーヌ川ほとりでのピクニックに混ぜていただき、夕涼み。

f:id:yamako26:20160909005206j:plain

f:id:yamako26:20160909005245j:plain

翌朝はパリを発つ前に、朝一番でルーブル美術館に朝食を食べに行きました。

f:id:yamako26:20160909005407j:plain

ピラミッド(美術館入り口)を臨む席で“ルーブルの朝食”を。

…今回、パリでは絵の1枚も鑑賞せずに飲み食いばかり(笑)

お世話になったWさん、本当にありがとうございました!

一緒に食べたり飲んだり、きゃいきゃい過ごしてとっても楽しかったです♡

さて、彼女と別れ、yamakoはリヨン駅からTGVに。

…そして約3時間後…

f:id:yamako26:20160909005801j:plain

f:id:yamako26:20160909005816j:plain

旅の目的地、南仏はプロヴァンスに降り立ちました!!

アヴィニョンはプロヴァンス地方の中心都市です。

さ、次回から南仏の旅が始まります。

それでは。