読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sub4に挑む日々 in NY

30代のへなちょこランナーyamakoが、無謀にもsub4に挑戦する日々 in NY

Happy Harvest ☆yamako、収穫&クラッシュを体験するの巻。

こんにちは。

風邪をひいてしまい、体の節々が痛いyamakoです。レース後は風邪ひきやすいですよね。。。

そんな日に限って、open house(次の入居希望者が部屋を見に来る)が入っており、あんまり散らかっているのもあれか、と掃除したり、身体がホントにキツイ。。。

さて、今日は先週末、ロングアイランドのワイナリー、収穫イベントに参加してきましたので、そちらのお話。

☆Mattebella Vineryards

Mattebella Vineyards

f:id:yamako26:20161021075337j:plain

 

f:id:yamako26:20161021075405j:plain

f:id:yamako26:20161021075613j:plain

イタリア系一族が経営する、こちらの可愛らしいワイナリー。

名前はマットとイザベラという子供達の名前を合体してつけたそうですよ。

私の友人のKさんとRちゃんが、こちらのワイナリーのメンバーになっており、今回の収穫祭に連れてきてもらったのでした。

酒呑みでビールはもちろん、ワインも大好きな私ですが、ワイン用の葡萄を収穫するのは初体験!

数日前からわくわくそわそわで、それは楽しみにしていたのでした。

f:id:yamako26:20161021080129j:plain

今回、収穫するのはMerlot。

f:id:yamako26:20161021080633j:plain

広大な葡萄畑の一部分のぶどうをハサミで手収穫させてもらいます。

もちろん、本来は出稼ぎに来ているアミーゴたちが機械で収穫するんですけどね。

f:id:yamako26:20161021080908j:plain

収穫した葡萄。コンテナいっぱいにとれました。

予想外だったのが、葡萄の甘さ!

つまみ食いした葡萄の粒は生食用よりも甘いではないですか。

私、ワインの葡萄って、勝手に酸っぱいもんだと思っていました。。。

そして、摘んだ葡萄を房からひとつひとつ外して、ちょこちょこカビてしまっているのも取り除いての選別作業に移ります。

f:id:yamako26:20161021081220j:plain

皆で作業テーブルを囲んで、一心不乱に葡萄の房をむしります。

いやー、こういうとき、日本人の手仕事は素晴らしい。

私たち4人のチームはどこよりもさくさく葡萄が捌けるんだもん。そして丁寧に不純物が混ざらないように取り除く。

これぞ、ジャパンクオリティ✨

アメリカ人は30分くらいして、飽きたのか、勝手に休憩しだして、更にはワインを買って飲みだす(笑)

私達の隣で作業していたおじさまは、適当なのか大雑把なのかで、ダメな葡萄もいれてくるから、私達の目はギラリ✨と光る。

そして、無言で取り除く(笑)

この選別の作業を延々と2時間ですよ…!

いつになったらワインを飲ませてもらえるんだい??

f:id:yamako26:20161021083131j:plain

ふふふ♡作業中ではありましたが、オーナーからワインが配られました!

これは昨年の収穫イベントで摘んだ葡萄を使ったワイン、メルローヌーボー!

Merlotなんだけど、Pinot Noirに近い、フレッシュな味わいでした。

2時間労働した体にワインが染み渡ります。。。あー、美味しい。

そして、腹ペコの労働者たちには、オーナー家族お手製のランチが振る舞われ、それがまた美味♡

メニューは、ローストチキンに、イタリアンソーセージと豆の煮込み、スピナッチサラダというカジュアルなものなんだけれど、絶品でした。

写真を撮り忘れたことが悔やまれます。。。

働いたから余計美味しかったんだと思うけれど、どこよりも戦力として活躍したと自負する我々は、揃っておかわりしましたよ(笑)権利があるんだもん。

さて、食後は子供プールほどのコンテナいっぱいに集まった葡萄をクラッシュ。

f:id:yamako26:20161021083914j:plain

 

f:id:yamako26:20161021083933j:plain

 

f:id:yamako26:20161021084000j:plain

 

f:id:yamako26:20161021084021j:plain

靴と靴下を脱いで、裸足でドボン!

足で葡萄をクラッシュ!クラッシュ!クラッシュ!

この素足に伝わる葡萄とジュースの感触。なんともいえない心地よさで病みつきになりそうでした。

これが来年の収穫イベントで振る舞われるワインになるんですってよ

来年は…ニューヨークにいないからね…残念。でも私のかわりに皆が美味しく飲んでくれることでしょう。

秋晴れの1日、働いて、飲んで、食べて…大充実でした。

それでは。