読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sub4に挑む日々 in NY

30代のへなちょこランナーyamakoが、無謀にもsub4に挑戦する日々 in NY

起きたら雨。でも走る!年忘れロングラン

 

今朝は仲間とのロングラン。しかも私が幹事。前夜は当然のように天気予報をチェックして就寝したわけです。

早朝、そんな私の携帯が鳴る。うん?もう朝?早くない?私は携帯でアラームをセットしているので、枕元にそれがあるのです。時刻を確認するとまだ6時、「なんだよ、メールかよ(怒)」と朝から非常に柄の悪い台詞を心の中でつぶやき、確認すると、ラン友Mちゃんからのメッセージでした。

「今日やるの?雨降ってるんだけど!!」

なんですと??慌てて窓の外を確認するも、夜が明けていないため、暗くて雨が降ってるかどうかよく分からず。(うちは17階)でも、窓ガラスに水滴がついているので雨なんでしょう。

あー、雨か。。。昨夜のやる気はどこへ行ったのか。本当にテンションただ下がりです。今日はロングなうえに雨!加えて早朝、早起き!!どんだけ修行なんでしょうか。

グループメールにも着々とメッセージが届き、あっさりキャンセルする人もいれば、雨でも関係ないしという人もいる。ホントにそれぞれの反応でした。前出のMちゃんはあっさりやめときます、と。「今年もありがとねー!良いお年を!!」うん、あっさりだ。わたしも本来はあっさりキャンセルしたい派ですが、走る人がいる限り行かなければなりません、今日は幹事なので(泣)

集合場所のCentral Parkに行くと、雨を物ともせず5人ものメンバーが既に集まっていて、公園内にもちらほらランナーの姿が。やっぱりランを愛するものはメンタル半端ない。まあ、レースって雨でも走りますもんね。幸いなことに、私は大きなレース(短くてもか)で雨に当たった経験がありません。今日は、いつか雨にぶち当たるかもしれない未来のレースのために走ることにします。

今日のルートとしては、いつものようにCentral Parkを1Loop、10km走ったのち、ハドソンリバーサイドをひたすら北上、George Washington Bridgeを超えて、マンハッタンの最北端までというコース。最北端から折り返し3,4kmのところにあるイタリアンでのランチがご褒美です。私はNYに暮らして2年半を越すのですが、George Washington Bridgeより北にいったことがなかったので、それは密かに楽しみにしていたのです。

f:id:yamako26:20141229100113p:plain

※マンハッタンの上半分。左側北端までレッツラン!

いつもの1Loopを終えた後、メンバー数名がOUT、私のびびっていた他グループのY氏がINで、ハドソンリバーサイドをひた走ります。Y氏とは初対面だったのですが、今思い返せば、彼のFBのプロフィール写真がガチラン姿だったのが、わたしの恐怖心をあおった原因だったように思います。あ、実際のY氏は物腰の柔らかい素敵な方でしたよ。しかし、ランニング中のおしゃべりによって次々と明らかになるY氏の只者じゃない逸話の数々…やっぱり私の予感は的中でした。お若い頃のPBは2:30切り、サブ2.5!郷ひろみがNYCMを1999年に走った際は併走を依頼されたとか。あと野口みずき選手の併走もされたこともあるそうで。速い方のとこにはそんな依頼があるものなんですね。アメリカの陸上指導者の資格をお持ちだというくだりから、私が己のフォームをギクシャク修正し始めたのはばれてはいないでしょうか、心配です。。。

マンハッタ最北端まで走ると、もはや高層ビルの一片も見えませんし、マンハッタンにいる感覚が無くなりました。見えているのはハドソンリバーの上流と森。年の最後になんだか感慨深い。年末なんだな、今年ももう終わりなのかという気にもなってくる。そう、今日のイベントは「年忘れロングラン」と名づけているのです。雨に打たれて一年のあれやこれやを水に流し、マンハッタンの果てで思いを馳せる。結果オーライではありましたがなかなかよかったのではないでしょうか。自画自賛です。

f:id:yamako26:20141229093218j:plain

※マンハッタンの最北端から。天気が悪いので色彩がイマイチですが、晴れたら綺麗だと思います

途中でGARMINが切れてしまって全行程の記録が取れませんでしたが、今日は、28.9kmをAVE6:19/kmで走破しました。去年の今頃は今日のような長い距離を6:30を切ってとても走れなかったので、この1年、へなちょこなりに成長したかしらと嬉しくなりました。10日のレースの前のロングはこれで終了ですので、最後によいイメージで締めくくることが出来てよかったんじゃないかなと思います!

 

それでは。