読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sub4に挑む日々 in NY

30代のへなちょこランナーyamakoが、無謀にもsub4に挑戦する日々 in NY

Lincoln Center Festival『海辺のカフカ』見てきました!

こんにちは。

今夜は、友人夫妻の招待で、蜷川幸雄演出『海辺のカフカ』(村上春樹著)を見てきました。

f:id:yamako26:20150725125137j:plain

現在、リンカーンセンターでは、Lincoln Center Festivalが開催されていて、沢山上演される演目のうち、ひとつが『海辺のカフカ』。

私はあまり演劇に明るくないのですが、演出が斬新でとても楽しめました。原作本も読んでないのですが(笑)

でも、往々にして、ムラカミワールドは摩訶不思議なことがあるので、本を読むより分かり易かったんじゃないのかしら。解釈BY蜷川ですが。

特段の村上春樹ファンでも、蜷川幸雄ファンでもなく、宮沢りえと藤木直人を生で見るチャンス☆位のミーハー丸出しで出掛けたのに(笑)

生の宮沢りえさんは、それはそれは神々しかったです。そして細い、薄い!(体が)

よく芸能人はテレビで見るより小顔、細いと聞きますが、全くその通りでした。藤木直人も細かった。

今回は日本語での演技で、英語の字幕を付けての上演でしたが、日本人以外もかなり来ていましたね。要所要所で笑いも起きていましたし。

招待してくれたスティーブはアメリカ人なので、字幕を追いながら舞台を見るのはなかなか大変だったと言っていましたね。

そして、日本人の妻と私が原作を読んだことがないのに、彼だけが訳本を既読でした(笑)

なんでも村上春樹は、7冊位は読んでいるとか。ホントに海外人気が高いんですね。

あまり演劇を観た事がなかったので、ふたりのおかげで楽しい夜になりました。

『海辺のカフカ』ニューヨークでは4days、日曜日までの公演です。

スティーブ、みっちゃん、どうもありがとう。

 

そして帰宅したら、既に11:00過ぎ。

明日は、7:00からNYRRのロングトレーニングランです。

レースではないのですが、bibをつけて20M走@セントラルパーク。

f:id:yamako26:20150725130854j:plain

ペーサーがつき、ゲータレードやジェルも補給出来ます。

私はCコーチから、本番より1:30遅く、10:30/mで、と言われています

。まあ、この暑さとセントラルパークのアップダウンですからね。

さ、明日は5時起きです!がんばります!

それでは。