読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sub4に挑む日々 in NY

30代のへなちょこランナーyamakoが、無謀にもsub4に挑戦する日々 in NY

その名もぐるぐるマラソン☆Rockland Lake State Park Marathon!

こんにちは。

大変ご無沙汰をしております…。

ブログをサボること早2ヶ月、夏ももうおしまい。森山直太朗の『夏のおわり』が聞こえてくる。。。

ブログこそ書いていませんでしたが、私は通常運転、イヤ、NY最後の夏ということでいつも以上に遊びまくっておりました。もちろんランも。

書きたいことは溜まりに溜まりまくっていますが、まずは先週木曜25日に走ってきた“ぐるぐるマラソン”から。

“ぐるぐるマラソン”とはマンハッタンから車で1時間程走ったところにある、Rockland Lake State Parkを周回する大会で、その数9周!

1周4.6km強の湖の周りをひたすらぐるぐるするのです。だからぐるぐるマラソンね。

今回はラン仲間2人と3人での参加です。ちなみに私達3人は“Team Happy Friday”の面々。

※土日にランの予定があろうが怯まずenjoy happy friday!な意味デス…。

美ジョガーユニット!と誰かが言ったとか言わないとか(笑)、イヤ、単なる呑んべい集団のが正解でしょう、ええ。

当日は4時起きで5時にマンハッタンから一路Rockland Lake State Parkへ。

f:id:yamako26:20160830223938j:plain

到着した時にはまだ夜明け前。スタートは朝の7時です。

7時とはいえ、異様に残暑厳しい今年のNY、早過ぎるということはないでしょう。

参加のランナーたち。

f:id:yamako26:20160830224145j:plain

平日に僻地の大会にやってくるだけあり、さすがに皆、シュッとしておる。

Rちゃん曰く、

冷やかしのデブとか皆無…。

f:id:yamako26:20160830224350j:plain

それどころか、朝日が登る湖に向かって瞑想したり、ヨガのポーズをかましたりするランナーが多数…。

そしてだだっ広い公園の芝に設置された大会本部とbaggageスペース。

f:id:yamako26:20160831035146j:plain

f:id:yamako26:20160831035209j:plain

監視員すらいないbaggage(笑)

皆、車で来ているので車内で、もしくは応援の家族がキープしていて殆ど使われてないんだけれど、私達は置いた(笑)誰も盗ったりしないでしょう〜。

そう、後から知ったのですが、この大会はSri Chinmoyいうスピリチャル団体が主催だったのです。

あ、決して怪しい団体ではないですし、大会自体も今年で15回目、こんな小規模でありながら、なんとボストンマラソンクオリファイ公式レース!

兎にも角にも朝焼けのなかスタートに向かいます。

f:id:yamako26:20160830225048j:plain

暑くなるらしいからね〜、もう安全運転でいこ〜!とレース前から日和るTeam Happy Friday。(特にyamakoが)

午前7:00ちょっと。予定からちょびっと遅れてスタートのピストルがなりました。

そう、まさかのガンタイム再び(笑)ゼッケンになにもついてはいないと思ったけれど、これBQレースだよね??

いやー、申し込みからして、クレジットカード使えなくて小切手郵送だし、本当に手作りの大会なんです。

Team Happy Fridayの2人は私よりだいぶ速いうえ、前半からガンガン飛ばすタイプ。スタートの後、あっという間に見えなくなってしまいました。

こっからyamako、一人旅ですわ。。

シカゴを1ヶ月半後に控えた今、何故マラソンを走ってるんだ、と思われるでしょう?

ハイ、今回は20mileのペース走目的なんです。もう今年のNYは暑くて暑くて長い距離に取り組む感じじゃなかった。だから、レースに混ざって走っちゃえってことです。

だから9周全部は走らないけれど、それでも20mileといえば、ほぼ7周。同じところをそんなに走ったことって未だないんですよねえ。

さて、先ずは1周目。何処に給水があるか、木陰はどの程度なのか、アップダウンの有無…等々を確かめつつ、脚を進めていきます。

結果、給水は3箇所、木陰は意外に多く、アップダウンはほぼ無しで、ちょっとだけホッとしました。

ホント、なかなか走りやすいコースです。

f:id:yamako26:20160831034635j:plain

※湖畔の公園ののどかさで、楽器の練習している人もちらほらと。周回コースを走る身には大変ありがたい応援団でした。(マラソン見にきてたわけじゃないと思うが)

そして2周も半分あたりを過ぎた頃、あっという間にトップ集団に抜かれて周回遅れに。

結構レベル高いわ…このレース。300人ぽっちしか走っていない割に、コースレコードだって2時間30分くらいっで言っていたものね。。。こないだのリオデジャネイロオリンピック出場選手より速い人いるんだねえ。猫ひろしより速い。

一体、先頭がゴールするまでに何周遅れになるんでしょう。

まあ、私はマイペースを守るだけです。ちょっと不安だったけれど、6:00/km〜5:50/kmで脚を進めていきます。

去年の今頃はベルリンマラソンでサブ4!と思って燃えていて、でもロングランはせいぜい6:30/kmでしか走っていなかったのよね。

さて、何キロくらいでキツくなるのかな。。。

結果、20mileまで同じペースで行けたんだけれど、途中でやっぱ飽きましたね(笑)

だいたい4周目にもなると周回コースが苦痛でした。

まぁ、コース上に何があるかとか、もう誰が何処に立ってるかとかまで完璧に把握していたので、走りやすいことは走りやすかったです。

BQをかけて走りに来ているランナーもちらほらいて、応援団も万全のサポートですよ。途中、箱根駅伝さながら並走しながらスペシャルドリンクや帽子(日差しが強くなってきたので)を渡す。

BQがかかったレースなので、周数を誤魔しできないよう、係のおじさま方が1周ごとにナンバーをちゃんと控えてました。

2人ペアで読み上げ係と記録係。バインダー片手に手書きです。やっぱ超アナログだ(笑)

給水コーナーには、スイカやバナナ、チップス、m&mのチョコ、ブラウニーなどが並んで、ドリンクも数種類。充実していたなぁ。あ、コーラもあった。

f:id:yamako26:20160831044948j:plain

最後は一周走るごと、コーラを飲んでもよいというマイルールを作ってなんとかかんとかやり過ごしました。

びっくりしたのはねー、5周目あたりから、馬鹿でかい教祖様の顔写真が登場したこと。

イヤ、私、信仰してないものでね。。。皆、あれでパワーが出ちゃったりするんだろうか。。。

そして7周目のだいたい3/4くらい…

f:id:yamako26:20160831040436j:plain

やった!ゴール!!マイゴール!!

もう一歩も走らんぞ(笑)

急に走るのを止めたため、周りのランナーにどうしたんだ、とか訊かれましたが、

ふふ、いいの。マイゴールなのよ。

3人のうちKちゃんだけは最後まで走るというので、私とRちゃんは芝でひっくり返ってごろん。

もう走れないわ〜、完全に死んだ〜死んだ~、などと言いながら彼女を待つ。

f:id:yamako26:20160831040919j:plain

ゴールも手作り感いっぱい。

f:id:yamako26:20160831041144j:plain

一人一人名前を読み上げてくれるアットホームさよ。

いや〜3人とも無事に走り終われて良かったです。

ホント、誘っていただいて感謝。すっごくいい練習になったし。遠征ラン自体も楽しかったもの!

…レース後のTeam Happy Fridayですが、帰りの足がなかったため、ランナーのおじ様をナンパして最寄街まで乗っけていただき、Happy Hourどきのマンハッタンで祝杯をあげたのでした。

親切だったおじ様、東京マラソンに申し込むっていっていたけれど、貴方きっと当たりますわ。娘っ子3人に親切だったからね〜。

以上、夏の思い出。あとまだまだ書かなければいけないことが…。徐々にアップしていきますね。

それでは。